公演観劇

順番が回ってきました。渡辺保です。
気温が高くなって雨も降り出しましたね。この勢いで積もった雪を溶かしてほしいものです。



そして雷も鳴りましたね。
実は冬の雷は全世界的に珍しいようで、雷好きな私にはもってこいです。
ここ庄内地方に移住してきて、嬉しいことトップ5に入るのが雷の多さだったりします。

…。

それはさておき。先週のことです。
酒田西高演劇部の公演を劇団メンバーが観に行くということで、せっかくなのでと、一緒に観劇して参りました。
酒田の高校にお邪魔することが初めてでしたので、本当に校舎に入ってよいものかと、当日は内心おっかなびっくりしていました。
そんな私でしたが、劇場ではスタッフのみなさんが受付から見送りまできちんと対応されていましたので、安心して観る事ができました。
いやはや、頭が下がります。
西高演劇部の皆さん。関係各所の皆さん。
公演を観させていただいてありがとうございました。

公演はとても面白かったです。今回も心に残るワンシーンを頂いてきました。

それは初めてのことなんですが、誰かのセリフではないシーンです。

登場人物達が議論を重ねた上で、一致団結してこれから物事に取り組もうと一つの結論を出した。
まさにその時の「一瞬の無言の空間」に鳥肌が立ちました。

(個人的なことですが、感銘を受けると鳥肌が立つ体質ですので。)

誰かのセリフではない場面に鳥肌が立つのは演劇を見始めて、初めてのことなんですが。「一致団結した空間」を見事演出できたからだと思います。

…。

とても勉強になりましたね。
私も今年の7月に向けて、またひとつ力を入れて稽古に励もうと思うのでした。
ということでバトンを渡したいと思います。バトンターッチ!