俳優修行

初秋の季節みなさまいかがお過ごしですか?

劇団ぱんだへの入団許可を頂いた渡辺保です。

表現力を養うために劇団に入ったものの。俳優修行は何もかもが初めてで、右も左もわからないまま稽古に参加してました。



演出の直人さんから、まずは好きな俳優や劇団を見つけてみようとアドバイスを頂いたので、お借りしたお芝居のDVDを見る日々が続いております。

今まで生活してきて、お芝居のDVDは初めて見ました。
これが本当に面白いです。

今一番のヒットは「今度は愛妻家」の池田成志さんです。
正直ファンになりました。

あの人みたいに舞台上で喜怒哀楽を表現できたらさぞ楽しいだろうなぁと思ったものです。

実際に舞台でその域に達することができるようになるためには…。どうしたらいいんでしょうか。

今度生の舞台を見に行きたいものですね。

…。

それはさておき
あれはそうです。

東京の企業に内定を貰い、山形県に内定を貰い、
さーてどっちで働こうかね?と悩んでいた学生時代。

どんな生活が送れたら満足できるのか?
じっくり考えた時期がありました。

私的には車はボロがちょうどいいし、家なんて住めればそれでいい。
晴耕雨読の生活ができたらそれでいいんじゃないか?

思えば貧乏家庭で育った僕は、家族のためにと小中学生時代はひたむきに勉学に励み、高校では家計を支えようとアルバイトをして学費を家に納める苦学生でした。
それでいて高校大学受験に失敗するというスーパーギャグもそつなくこなすお調子者でもありました。
(主観です)

そんな生活を送っていたので、自立したら、やりたいことは全部やってみようと考えたものです。
(もちろん迷惑の掛からない範囲で。)

東京の企業に勤めれば、山形県の3倍忙しいけど3倍稼げる。
でも山形県に勤めれば3倍自由な時間がある。

私は3倍自由な時間がある方を選びました。

人見知りゆえ色々失敗してますけど

…。

地元酒田市の書道教室でお世話になった芸術家は60歳を過ぎても青春まっさかりでした。

私はそんな婦人が好きでした。

ということで、私も今が青春まっさかりなのかもしれません。

毎日馬車馬のように働いて、表現力を鍛える修行をして。夢見た科学者の影を追いかける。

最近泊まりで遊びに来てくれた友人にちょっと人生迷走してるのか心配されましたが。
大丈夫です。平常運転ですよ!

さーて、また合コンのお誘いが来たので、気合を入れて参加して来たいと思います!
でもまた微妙な雰囲気で終わるんだろうなぁ

ということでブログ終わります。
バトンタッチ!