もう年末ですね

皆さんこんばんは。
バトンを受け取りました渡辺保です。

12月だというのに暖冬であったかかったと思ったら、また寒くなったり、雨が降ったりと。
なんとも落ち着きのない天気が続きますね。
こんな時には特に体調に気をつけたいものですね。



さて、12月11日、12日にゆざ演劇研究会の公演が行われていましたね。
お声をかけて頂き、12日に公演の受付をお手伝いしてまいりました。
慣れない受付のお手伝いで、うまくできたか心配でしたが。できるだけのことをしてまいりました。

受付がひと段落してから、公演を観させていただきました。
いや、まさにこれぞ演劇!という感じでしたね。
セットが豪華でした。
それにも増して役者の方々のキャラクターが濃くて、いい味出されてましたね。

そんな方々を見て自分を省みることが一つ。

劇団ぱんだの稽古に参加していて、最近思うようになってきたのですが。
自分は本当に大根だなぁと。
表現力を鍛える為に劇団に参加したものの、なかなか身に着けるというのは難しいものですね。
実際に舞台に立つのだから、それなりの演技ができるようになりたいものです。
脚本を書いて頂いた方へも、劇団に対しても。できるだけの敬意を表したいと思うのです。
力を入れて練習しないと…。
…。

今回のゆざ演劇研究会の公演で特に自分に響いたシーンがありました。

「あなたとは飾らない言葉で伝え合いたい。」

演劇を見に行くと必ず鳥肌が立つシーンがあるものです。
(きっと自分の年代がそうなのかもしれません。もっと歳を重ねたら、もしくはもっと幼い頃に見ていたら。違うシーンで鳥肌が立ったのかもしれませんね。)
そんなシーンに出会うたびに、いい思い出を貰ったなと。感謝するのでした。

さて、私事ですが年末最後のコンパ、クリスマスパーティも終えました。
綺麗どころが沢山来てたんですが、綺麗過ぎて声をかけられないという情けない結果となりました。
いや、昔からそうなんですが、綺麗な人には特に自分から声をかけられないんですよね。
困った体質ですねほんと。

気がつけばもう年末ですね。
皆さんは2015年、どんな年になりましたか?
2016年ももうすぐです。
どうぞ皆様今年のことは今年のうちに。
やり残したことのないように。

それではバトンを渡しまーす。