新春のご挨拶

雪もどっさり降った昨今。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
バトンを受け取った渡辺保です。

僕がぱんだブログで挨拶するのが今年初めて、ということで年明けらしい挨拶をと、思いましたが。
新春の挨拶っていつまで大丈夫なんでしたっけ?と、ちょっと心配になって調べてみました。
所説によると、2月上旬の節分のころまでは新春ということで。まだまだ大丈夫らしいです。うん。大丈夫!

新しい年も迎えました。
みなさまも何かしらの目標を立てて、その目標に向けて邁進していこうと思っておられるところだと思います。

目標を立てるにはコツがあるようです。

今まで生きてきた中で経験したこと。
どの経験にフォーカスをあてて、どのような言葉を自分で添えていくのか。
その経験からどのような可能性を見出して、できる範囲での行動を起こしていけるのか。
行動した先にどのような未来を描いているのか。

地に足ついてる普通の目標です。

どうせなら楽しいのがいいですよね。
自分が楽しいと。周りが楽しくなるみたいです。

僕も新年の目標なんか打ち立てて、その目標がきちんとこなせているのかどうか。
進捗はどうか、なんてことを仲間と話し合っていきたいもんです。

ありがとうITBOOK!やっちまった古野電気!
僕の中での一番はやっぱり経済でしょう~。
え?そっちじゃない?

ことぱんだブログでは演劇に関しての目標を一つ。
…。

昨年の経験を生かして、今年は
より気軽に。
より考えて。
より表現して。
いきたいなぁ。なんて思っておりました。

何かを創造するには絶対量の知識がいる。ような気もします。
まだまだ芸の足りない修行の身の上ですが、経験を積んでいきたいと思っておりますので、どうぞ今年もよろしくおねがいします。

そんなところでバトンターッチ!